2011/07/09再び『とらドラ!』レビュー

作り手として、ボクが嫉妬してしまうのは男心をつかむ女性作家の存在である。『とらドラ!』は完成されたツンデレ作品だが、その作り手が女性だという事実には、敵わないと思う。

例えば。
大河は竜児の存在を気にかけながらも、北村のそばにいると緊張して頬を染めてしまう。どっちが好きかと問われれば間違いなく北村なのだが、自然体でいられる竜児を無視できるわけもない。
(さらに…)

2011/06/14『とらドラ!』レビュー

記事の更新が滞っておりますが、サボっているわけではありません。
アニメを見る時間が削られているためです。
 
トルネには色々入っています。消化時間がないのです。
と言うわけで『とらドラ!』を見ているのですが、面白いですね。
(さらに…)