« | »

2012/05/10『偽物語』レビュー 舞台のような面白さ。

「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]

『化物語』を観ていないと、何が何だか良く分からない、という事態を招くが、『化物語』ファンであれば出来はかなりのものだったに違いない。

ネット上の評判では、原作からかなり強引に削った場所が多かったとのこと。原作厨ではない僕は、普通に楽しめた。 「会話劇」、つまり舞台で単に会話を繰り広げるだけの部分が大半を占めるのだが、ボケとツッコミはさすが西尾維新、と唸らずにはいられない。

そこには何か出来事があるのではなく、やや衒学的なセリフと女子のエキセントリックな会話で物語は成り立つ。それでもまるで舞台を見ているで、とても楽しめるものとなっている。
 
キャラたちの動きは特になく、古いアニメのコラージュ的手法で動きに変化をつけるのは、新房監督の得意技の一つ。 (例えば挙げればきりがないが、阿良々木月火の「プラチナむかつく!」のシーンでは藤子不二雄A大先生のタッチが使われていた。)
 
映画『傷物語』放映は来年に延期になったと言うことで残念。でも果たして『化物語シリーズ』ファン以外を取り込めるのだろうか? そこだけはファンとしては心配である。

 

化物語 ポータブル (初回限定生産版)
化物語 ポータブル (初回限定生産版