« | »

2011/06/14『とらドラ!』レビュー

記事の更新が滞っておりますが、サボっているわけではありません。
アニメを見る時間が削られているためです。
 
トルネには色々入っています。消化時間がないのです。
と言うわけで『とらドラ!』を見ているのですが、面白いですね。

とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]
とらドラ! Scene1(初回限定版) [DVD]
 
何が面白いって、一見明るそうなキャラたちの、どこか陰がある感じが好きです。『あの花』と同じスタッフと言うことで、納得がいきます。
 
生きるというのは、迷い、苦しみ、その中で光を見いだすことです。だからといって人生を深刻に生きる必要は無い。でも、人生とは何か、みたいな壮大な問題は横に置いておいて、普通に生きる中から誰もが抱える陰のようなものを削除してしまった、除菌してしまったような作品からは、リアリティや共感など得られないと思えるのです。
 
ツンデレキャラがツンデレにならざるを得なかった背景が透けて見える、そういうストーリー作りは、結構難しいと思います。上手く駒を置いてゆく、そういう配置加減が大切です。